災害

練馬区や埼玉県の大規模停電の原因は地震の前兆なのかを調査した結果

8月5日午後2時ごろ、東京都練馬区と埼玉県の一部地域で停電が発生。

やく15分ほどの停電だったそうですが、原因はなんだったのでしょうか?

そこで、これまでの停電に関連する陰謀論をピックアップして、今回の停電との関係性はあるのかを調査しました!

8月5日に練馬区や埼玉県で発生した大規模停電の原因

今回大規模停電が発生した地域は東京都練馬区と埼玉県新座市。

約11万件が停電し、昼間であったことから多くの方が混乱したのではないでしょうか。

8月5日16時ごろの段階では調査中となっており、原因は分かっていません。

大規模停電の原因は電離層にあり?

電離層の乱れの影響で停電が起こるといったことがあります。

この電離層の乱れは自然の影響以外に人工的な影響もあり得るため一概にはいえませんが、通信障害などの影響もあるそうです。

大規模停電は大地震の前兆!?

原因の一つとして考えられるのは太陽の活動です。

11年周期で代用の活動が活発となり、2025年にピークを迎えるとされています。

その影響で太陽嵐が発生すると、世界中で大規模な停電に繋がる可能性があります。

停電になる理由は、電離層の乱れによるもので、高度100キロで電波を反射するこの層が地震と関係があると研究でわかっているんです。

電離層の状態についてのリアルタイムはこちらから確認できます

東日本大震災でも電離層の異常があった

実際、「東日本大震災の前兆として、2011年3月5日、6日の両日に渡って極めて強いVLF伝搬異常があった。これまで電離層(下部)の観測に基づいて予知した地震のうち65~70%が的中している」(早川氏)という。

引用:PRESIDENT Online

これだけでなく阪神淡路大震災の数週間前から、電波の以上によりラジオなどの通信機器に乱れが生じるといったことがあったようです。

電離層の乱れは人工的に生み出すことも可能…

陰謀論でたびたび登場する、アメリカにある軍施設「HAARP」。

この施設の目的は「研究の目的は地球の電離層と地球近傍の宇宙環境で発生する自然現象を探求し、理解すること」とされていますが、災害をもたらす兵器として使わてれいるのではと疑われてきました。

真実は不明ですが、2015年に閉鎖となりましたが、現在は民間の研究機関が引き継いでいるようです。

以下のような噂もありますので興味のある方はご覧ください。

米軍施設『HAARP』は「敵国全体を機能不全にする」兵器?

地震を予言してるようなカードが気になる!

数々の歴史を予言したとされるイルミナティカード。

その中でも注目なのが、オリンピックカラーの服を着た人達が逃げ惑うカードです。

この場所は銀座和光ビルであるとも噂されています。

練馬区の電波の悪さは異常?

スポンサーリンク

練馬区や埼玉県の大規模停電の原因は地震の前兆なのかを調査した結果 まとめ

いかがだったでしょうか?

現時点では大規模停電の原因が不明です。

今回の大停電が地震と関係があるのかは実際には分かりませんが、少し気になるところがあるので防災対策はやっておいた方がいいでしょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!