美容

30代からの角質ケアで見直すべき3つのポイント。お金をかけるべきはココだった!

スポンサーリンク

女性にとって「角質」との戦いはキレイを保つ為にはとても大事。

最近では角質ケアの商品がたくさんあることから、片っ端から使う人も少なくありません。

そんな角質との戦いで表面的な部分にばかりに囚われていると、後から大きな肌トラブルを招いてしまうことも…。

そこで角質ケアを目で分かるような表面的なことから目を外し、見直すべき3つのポイントをご紹介していきたいと思います!

角質ケアをスキンケア商品で対策するのが当たり前は危険!見直すべき3つのポイントはココだった

角質に対して多くの女性が悩んでいることから徹底調査をした結果、ほとんどの人が「スキンケア商品」で改善しようとしていることが分かりました。

しかしとあるQ&Aで、スキンケア商品に依存するのは危険だということが判明。

聞いた話ですが、スキンケア
(基本的な、洗顔・化粧水・乳液などのステップ)
全く無しで 美肌になった人が少なくないそうです。
もともと市販化粧品などにアレルギー体質などの人が、皮膚科の医師の指示に従って行う”脱スキンケア”だそうです。

今まで きちんと乳液などでケアしていたのを
突然よすわけですから、はじめて半年ぐらいは肌が粉を
ふいたり、いろいろ大変でその間に挫折してしまう人が多いとか。

これって本当ですか?どういうしくみでこれで美肌になるのか、どうやってやるのかなど、知っている方いたら
教えてください!


私は24歳のときあごに突然ニキビができ皮膚科の指示で化粧をやめ、基礎化粧品も使わない・・・というスキンケアにしました。最初のうちは肌がカサついたり大変でしたが最終的には肌がとても健康になりましたよ。
「肌が美しい」というのは、まずノートラブルで健康な肌であることが最低条件です。そういう意味では私が行った方法は正解だと思います。参考までご紹介しますね。

基本的な考え方としては、
1.化粧品は基本的に肌に悪いので出来る範囲でやめる(肌が弱い、トラブルがある場合は全てやめるように医師には言われました)
2.自然に出てくる皮脂が肌を保護するには一番。が、基礎化粧品を使っている人は皮脂を出す機能が退化している(累積性皮膚炎という病名がついてます)→基礎化粧品をやめることで機能を回復させる→肌が丈夫になりトラブルがなくなる
3.洗顔はきちんと行うが洗いすぎないこと。(カラダも含めて)洗顔フォームやボディシャンプー等は合成界面活性剤を使用しているので洗浄力が強く肌に刺激が強すぎる。また油分も多く含んでいる→石鹸洗顔でやさしく洗うのがよい。また一日2回石鹸洗顔では皮脂が潤うひまがなくカサつく場合は、朝は水のみの洗顔にする。(最初のうちものすごくカサつくときは、化粧してなければしばらく水洗顔だけでもいい)

というようなことです。実際には色々と不都合もあるので、私の場合は、
・どうしても化粧しなければならないときはファンデはやめておしろい+ポイントメークのみする
・洗顔後は何もつけないが、とてもツライときや化粧の下地代わりにはオリーブオイル(食用はダメですよ)を少量つけて余分はティッシュオフ
(※基礎化粧品使用歴が長い人は基礎化粧品を辞めた直後はシミになりやすくなっているので注意! )
・洗顔はおしろい程度なら石鹸だけでも十分汚れは落ちる(※ファンデはクレンジングしないと無理)

最終的には私はとても健康な肌になりました。敏感肌だったのに、今はノートラブルです。年齢の割りに肌がきれいと言われることもありますよ。

このQ&Aを読んでわかったことは、脱スキンケアをしたことで肌トラブルを改善することができた、ということですね。

角質の原因は加齢によるターンオーバーの乱れや摩擦などが原因とされていますが、若い時から石けんやボディソープで体をゴシゴシ洗ったり、入浴後にクリームなどでしっかりと保湿をしていたことが裏目に出る可能性も。

過度に皮膚を刺激したことで角質ができる原因となってしまうからです。

なので「脱スキンケアをしましょう!」という話ではなく、スキンケアに頼り過ぎずに角質ケアを他からアプローチをしてみませんか、というのがこの記事でご紹介する内容となります。

スポンサーリンク

角質ケアを見直すべき3つのポイント

角質ケアで見直すべき3つのポイントは、「衣類」「食事」「生活習慣」の3つになります。

この3つが角質ができる原因に直結しているので、順番に見ていきましょう!

1.衣類を見直す

ふだんは特に気にしない方も多いかもしれませんが、衣類の素材が角質トラブルの原因となります。

ではどんな素材がダメなのかというと、ズバリ「化繊」で出来た衣類。

化繊は名前の通り化学的に作られた繊維であることから、肌トラブルの原因になる場合があります。

特に注意が必要な素材は、アクリルナイロン系の素材。

ヒートテックは化学繊維であり、アトピーや肌の弱い子供、敏感肌の方には不向きな素材なんだそうです。実際に化学繊維アレルギーの人は多くいて、化学繊維に触れると赤くなったりかぶれたり、痒くなったりするようですよ。

そのような症状があらわれたら、自分で治そうとせずに病院へ行く事をオススメします。それから、化学繊維の下着や衣類を止め、“絹” 素材の下着や衣類に変えると痒みやかぶれなどの症状が治るという話もありました。

引用:APPMAMA

これらは皮膚の水分を奪ってしまいお肌の乾燥やかゆみの原因になるので、特に肌に密着する下着類などは注意が必要です。

更には静電気を起こす原因にもなります。

静電気はパチッとなるだけでなく、体が疲れやすくなる原因に。

なので衣類は基本的にお肌に優しい100%オーガニック素材のコットンやシルクなどを選ぶようにしましょう!

2.食事を見直す

女性はダイエットの為に脂肪分を敬遠しがちですが、皮膚を自然に潤わす為には必要な栄養素です。

とはいっても揚げ物やジャンクフードで油を取るのではなく、良質な赤身の肉や魚、そしてナッツ類から摂るようにしましょう!

そして甘いものやお菓子は出来るだけ控えることが、角質ケアに繋がります

糖質の摂り過ぎはお肌の乾燥を引き起こし、糖質を分解するためにビタミンやミネラルを大量消費してしまうので肌荒れの原因となります。

なので色の濃い野菜を中心にPFCバランスを意識して、健康的な食生活を心掛けることが大切です。

PFCバランスとは

エネルギーの源である三大栄養素、タンパク質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物(Carbohydrate)の頭文字をとったものをPFCバランスといい、健康に大きく影響を及ぼす栄養素でもあります。

とはいっても、たまにはスイーツやお菓子が食べたくなるものなので、週1回は何でも食べていい日を設けても問題ないでしょう。

3.生活習慣を見直す

生活リズムの乱れがホルモンバランスの乱れに繋がり、肌荒れや角質の原因となります。

食事はなるべく寝る3時間前までに済ませ、内臓の働きを高め、質の良い睡眠を手に入れることが肌荒れ改善のスタートです。

引用:MYREVO

なので規則正しい生活を意識して、ストレスを溜め込まないことがとても大切です。

ストレス発散でオススメな方法は体を動かすことで、私生活にヨガを取り入れてみたりトレーニングジムで汗を流すことで自律神経を整えることができます。

そして足の角質ケアの為に整体に通うのもいいかもしれません。

その理由は、骨盤のゆがみや姿勢の悪さなどから歩く時の重心に問題が出てきて、その結果足の角質の原因となることがあるからです。

なので体のゆがみを直して、正しい姿勢で歩くことが足の角質ケアに繋がります。

スポンサーリンク

30代からの角質ケアで見直すべき3つのポイント。お金をかけるべきはココだった! まとめ

スキンケア以外で角質ケアをするポイントは、

  • 100%オーガニック素材の衣類を取り入れ、特にお肌に密着する下着類を変えること
  • 野菜中心のPFCバランスを意識した食事をし、糖質はできるだけ抑えること
  • 規則正しい生活を意識して、ヨガや運動を取り入れて自律神経を整えること
  • 体のゆがみを直す為に整体に通うことで足の角質対策になる

この4つを取り入れて角質ケアをしてみてはいかがでしょうか!

30代のデコルテラインのイボ対策!クリアポロンの口コミを完全検証した結果! デコルテラインのぽつぽつが気になっていますね。 特に30歳を過ぎると女性だけでなく男性も首からデコルテラインにかけてイボの...