格闘技

川原誠也は素行が悪い?過去の反則行為と引退理由は?

K-1参戦で2019年に皇治選手と対戦した川原誠也選手。

そんな川原誠也選手とは一体どんな人物なのでしょうか!?

そこで今回、川原誠也選手の素行の悪さや過去の反則行為など、
さらに過去の引退理由と現在の活動についても見ていきましょう!

 

 

川原誠也は反則行為で過去に厳重処分!


川原誠也選手は2012年3月11日に開催された「PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR」に出場。

その大会で沼倉雄太選手と対戦し、そこで反則行為をして厳重処分されています。

画像を見ても分かる通り、悪そうな表情が印象的ですね!

川原誠也選手が行った反則行為は、

右ストレートでダウンを奪いサッカーボールキックの連打でTKO勝ちとなるも、レフェリーストップ後も失神している沼倉に対し攻撃したため

という危険な行為が原因で試合がノーコンテストに。

川原誠也選手に対する厳重処分の内容については、

  • ファイトマネーの全額没収
  • ランキングの剥奪
  • 試合結果の変更、試合不成立(ノーコンテスト)とする
  • 50日間のパンクラスプロ興行、アマチュア大会への出入り禁止

というかなり重い処分が下されています。

この件は当時の各ニュースにも掲載されていました。

実は山本KID徳郁選手も過去に追撃したことがきっかけで、ファイトマネー全額没収ということがありました。

なので、川原誠也選手に対する処分はかなり厳しいと思いますね。

 

ちなみにこの問題の試合、タイトルマッチで敗れたあとの約1年ぶりとなる復帰戦でした。

川原誠也選手が圧勝していたので勿体なさすぎる!!

おそらくアドレナリン全開で制御不能だったのでしょうね…。

 

川原誠也の素行が悪かった!

川原誠也選手が過去を振り返っていて発言をしていた内容をまとめると、

  • 「街でよく喧嘩してた」
  • 「刑事から電話で呼び出しを食らった」
  • 「悪行をして、ヤクザからシバかれた」
  • 「何が言いたいかって?プロ格闘家が喧嘩や悪行なんかしている時点で上には行けない。」

という内容を語られており、パンクラスで活躍しながらも悪行を働いていたのかもしれませんね。

 

 

川原誠也が引退した理由とは?

反則行為から4ヶ月後にパンクラスに復帰し試合をしますがTKO負け。

それから約1年後の2013年6月に格闘技の引退を発表。

当時25歳だった川原誠也選手がまさかの引退ということに、格闘技ファンに衝撃を与えました。

カメラに向かって中指を立てていたのは平本蓮選手みたいな感じでしょうかね…(笑)

当時は何はともあれパンクラスの中心人物だったと思います。

その衝撃の引退の理由については、

  • モチベーションの維持が難しくなった
  • 格闘技に対する考え方が変化してしまった

と語られていました。

さらに引退時にはこんなコメントもしていました。

「遊びすぎたなぁ。私生活をまともにしていればもっと上に行けたと思う。」

つまり、いろんな遊びを知ってしまい練習に打ち込むことが難しくなったのでしょうね。

 

そして格闘技だけでは生活していくのが厳しかったようです。

  • 「引退後の目標はお金稼ぎです。」
  • 「格闘家としてやってきましたが、貧乏生活には限界感じる。」

遊ぶ為にはお金も必要ですので、プロ格闘家で生活していくのに限界があったのかもしれません。

当時25歳ということもあり仕方がない点もありますね。

 

引退から6年後の2019年11月24日にキックボクシングで電撃復帰をしていましたが、その間もトレーニングは欠かさず行っていたようです。

今後はまた総合格闘家として、RIZINに出てきたりして…!?

 

 

川原誠也の皇治との試合後のコメント!現在の様子は?

衝撃のK-1参戦で皇治選手と対戦。

対戦前の記者会見では、態度の悪さ・やる気の無さが見受けられ、アンチコメントが多かった川原誠也選手。

ですが、試合後は手のひらを反すように称賛の声がありました。

  • 「めちゃくちゃ強いし、盛り上げる力あるな。
  • 「引退してなかったらめっちゃ強かったんじゃね!?」
  • 「ちゃくちゃ強くてファンになりました!」
  • 「パンチが強くてびびった。」
  • 「また試合みたい!」

このようにSNSではポジティブなコメントが多く寄せられていました!

そんな川原誠也選手は今後試合をするのか、気になりますよね!!

 

皇治戦の試合後インタビューでは、

「やっぱし格闘技は甘くない。今回の試合も甘くはないと思って挑んだんでここで勝っていたらまた調子に乗ってしまうところだったんで良かったかなと思います。

と発言しています。

さらに、

「また格闘技をやる気持ちになったら試合します。」

と発言していたことから、やはりモチベーションの問題があるのかもしれませんね。

この試合で皇治選手は「パンチ力は武尊選手以上のパワー」と称賛していました。

それから2022年現在まで試合が無いので、やはり復帰は難しいのかもしれませんね…。

 

川原誠也の現在

 

この投稿をInstagramで見る

 

川原誠也(@seiyakawahara045)がシェアした投稿

現在は2019年に生まれた娘さんと家族で生活をされているようですね。

格闘技も続けているということから、仕事と両立して生活をされているのかも。

皇治戦以降は那須川天心選手が練習するTEPPENジムで練習を開始。

 

k-1で試合決定するもケガで欠場に…

2020年3月に開催された「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」。

その大会で川原誠也選手はSATORU成合選手との対戦が決定していました。

しかし、「右膝外側側副靭帯損傷・外側半月板損傷により全治4週間」と診断。

無念の欠場となっていました。

それから2年の時が経ち、2022年の6月から再スタートしたことをインスタで発表しています。

またリングで戦う川原誠也選手が見たいですね!

 

 

川原誠也は素行が悪い?過去の反則行為と引退理由は?まとめ

いかがだったでしょうか!?

川原誠也選手について記事の内容をまとめると、

  • プロ格闘家でありながら悪行を行っていたと自身で発言
  • パンクラス時代には反則行為で厳重処分
  • 25歳で格闘技を引退
  • 引退理由はモチベの低下・格闘技に対する価値観の変化
  • 引退から6年ぶりにリングに立ち、キックボクシングで皇治選手との対戦
  • 試合後にSNSでの評価が高かった
  • K-1で今後活躍する意思発言を匂わしていた

ということが分かりましたね!

今後の川原誠也選手に注目です。

それでは最後までご覧頂きましてありがとうございました!!