ミュージシャン

Kohhが引退を表明!改名をして活動をする可能性も。その真相は?

国内外で人気のラッパーである『Kohh』さんがライブ会場にて、現在での名義での活動を終了するという「引退」を表明しました。

現段階でわかっていることは「アーティスト名を改名して活動をする可能性」とのことですが、その真相は分かっていません。

そこで今回の経緯と今後の展開について迫ってみたいと思います!

Kohhの突然の引退表明にファンから動揺の声が…

1月16日にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催された『KOHH Live in concert』 にて引退を表明。

SNSでファンからの動揺の声が相次ぐ

引退表明と同時にKohhの祖母への想いを書いた手紙を朗読したとのこと。

なぜKohhは祖母へのメッセージを読んだのか?

Kohhは2歳の時に父親を亡くしていて、そのことから母親はあまりのショックで情緒不安定になってしまい、麻薬に手を出したり自殺未遂を図ったりしていた時期があったようです。

家に帰ってこないことも頻繁にあったとか。

そういった経緯から母親よりもkohhにずっと寄り添ってくれたのは祖母だったことから、ここまでこれたのも祖母あってのことだという「感謝の想い」から手紙を朗読したのかもしれませんね。

Kohhの書くリリックに現れているような純粋で前向きな気持ちは、おそらく祖母がKohhに与てくれた宝物だったかもしれません。

育児放棄状態だったKohhの母親ですが、今では薬物から立ち直っているようでKohhの楽曲はすべて聴いているとのこと。

Kohhの母親は聴いた楽曲の中で「父に対する想い」や「母親に対する想い」が垣間見れて、寂しい思いをさせていたことに胸を撃たれたと以下の動画で語られています。

Kohh名義での活動を引退し、改名して活動をする可能性も…

引退を表明したKohhの今後の展望は?

今回引退表明をしたライブで祖母宛への手紙を朗読してから『I’m Dreamin’』という曲を歌っているので、そのリリックをご紹介します。

生きてる内に億万長者になる
友達は小遣い貰ってる 俺は万引きで暮らす
「Kohh君は悪い子だから遊んだらダメ」って
友達の母さんが言ってたのを思い出すけど
うぜぇ

パクった遊戯王のカード
ミニ四駆にベイブレードもみんなでやろう
あのゲームが超欲しいから待ってる誕生日
クリスマスはサンタさんに頼む
金持ちになんのが夢

みんな綺麗な家でいいじゃん
この団地から知らない人が飛び降りて死んだ
汚い部屋にはおじいちゃんとおばあちゃん
やっぱり一軒家が欲しいな

※ずっと夢を見る I’m Dreamin’
何でも出来るってずっと夢を見る I’m Dreamin’
何でも出来るってずっと夢を見る I’m Dreamin’
I’m Dreamin’ I’m Dreamin’

生きてる内に億万長者になる
身体にたくさんタトゥーが入ってるけど
差別とかなくすのも夢
やりたい事をやる
大晦日紅白歌合戦の舞台に立つのも夢

でっかい所でライブ
人がいっぱいいる所で歌いたい
どっかの街中の看板とか雑誌の表紙でいつも見る
有名人、金持ちの芸能人になんのも夢

みんなどんな気分なの?
物足りないけど物足りてる今でも幸せだよ
ちょっと暗い過去 なんかよりも明るい未来
だから嫌な事があったって気にしない

※ずっと夢を見る I’m Dreamin’
何でも出来るってずっと夢を見る I’m Dreamin’
何でも出来るってずっと夢を見る I’m Dreamin’
I’m Dreamin’ I’m Dreamin’

生きてる内に億万長者になる
旅行する全世界
値段見ないで欲しいもの買いまくって
いっぱい金の無駄遣い

すぐパパラッチされちゃうから
運転手が付いてるロールスロイスが脚
もう電車は乗らない 楽して楽しく生きていたい

やっぱり地位、名誉、お金欲しいよ
綺麗事は嫌いじゃないからしてる良い事
もし俺が金持ちになっても誰かは貧乏
自分一人だけじゃなくって色んな人達と
幸せになんのが理想

ふわっふわのベッドで眠ったり
可愛い奥さんと喋ったり
子供は男の子が二人とか
今の俺にはまだ早いけど夢

それまで笑いながら頑張る
無理って言ったら無理 だけど簡単って言えば簡単

※ずっと夢を見る I’m Dreamin’
何でも出来るってずっと夢を見る I’m Dreamin’
何でも出来るってずっと夢を見る I’m Dreamin’
I’m Dreamin’ I’m Dreamin’

この曲を歌ったということは、まだまだ夢の途中という感じがしますね!

現在の名義である『Kohh』としての引退ということなので、別名義のプロジェクト活動または音楽プロデューサーなどのビジネスに力を入れるのかもしれませんね。

アメリカで最も成功したディディことパフ・ダディ

アメリカのエンターテイメント界で最も成功した『ディディ』ことパフ・ダディという人物がいます。

ショーン・コムズ(Sean Combs, 本名: Sean John Combs, 1969年11月4日 – )、別名 ショーン・パフィ・コムズ(Sean Puffy Combs)、パフ・ダディ(Puff Daddy)、P・ディディ(P. Diddy)、ディディ(Diddy)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市のハーレム地区出身の音楽プロデューサー、作詞家、アレンジャー、ファッションデザイナー、俳優、MC。バッド・ボーイ・エンターテインメント(Bad Boy Entertainment)の最高経営責任者、映画プロダクション、レストランのチェーン、ファッションブランド「ショーン・ジョン」(Sean John)など経営者としても多岐にわたる活躍をみせる。フォーブスの「アメリカで最も裕福なセレブリティ」8位の、アメリカ史上最も成功したエンターテイナーの一人である。

引用:wiki pedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ショーン・コムズ

音楽活動以外にもさまざまなビジネスを展開していて、2017年だけで約143億円を稼ぎビヨンセを抜いてセレブリティの長者番付で1位となっています。

ちなみに現在は音楽活動を引退し俳優業に専念しているようで、その傍らでビジネスもしているとのこと。

そんなディディもKohhと同じく小さい時に父親を失い、仕事を3つ掛け持つ母親と仕事を2つ掛け持つ祖母によって育てられて成長しています。

どん底の家庭環境から『いつかヤンキースタジアムのような歓声を浴びるような人間になりたい』と大きな夢を持ち、17歳の頃から音楽に目覚め紆余曲折を経て大成功を手にしています。

こういった幼少期に感じたハングリー精神はおそらくディディもKohhも同じで、夢を追い続けるからこそ次のステージに向かうんでしょうね。

ファンは置き去りになってしまいがちですが(笑)

Kohhの『I’m Dreamin’』で語られている夢

「一軒家が欲しいな」「大晦日紅白歌合戦の舞台に立つのも夢」「金持ちの芸能人になんのも夢」「生きてる内に億万長者になる」…

このように語っているということは、今後ディディのようなビジネス展開をしながら芸能人として活動をするのかもしれませんね!

↓個人的にオススメのディディにまつわる動画貼っておきます!↓

スポンサーリンク

Kohhが引退を表明!まとめ

今回ラッパーであるKohhの引退表明についてその真相に迫ってみました。

今後は自作のアルバムを発表されてからツアーを回って活動終了となるそうなので、ツアーのチケットは争奪戦になるかもしれませんね!

そしてこの引退表明の詳細もそのうち出てくるのかと思われるので、情報が入り次第更新していきたいと思います。

それでは!