テレビドラマ

ドラマ『俺の家の話』の原作は漫画でコメディ!?

スポンサーリンク

2021年1月にスタートするTBS22時ドラマ『俺の家の話


ドラマの原作は何なのか気になりますよね。

そこでドラマ『俺の家の話』の原作について調査しました!

ドラマ『俺の家の話』の原作は?


ドラマ『俺の家の話』は長瀬智也さん主演の作品で、2010年に放送されたドラマ「うぬぼれ刑事」以来、11年ぶりに宮藤官九郎さんとタッグを組んだことで話題となっています。

原作は宮藤官九郎のオリジナル作品

宮藤官九郎さんの公式コメントの中で、

長瀬くん、磯山プロデューサーと、またドラマが作れる。

こんなにうれしいことはないです。

と語っており、さらに

僕にとっては長瀬くん自体が、連載少年マンガの主人公のような存在です。

まだまだ描ける、いくらでも描ける、描きたいと思わせてくれる。

落語好きのヤクザ、恋愛体質の刑事、地獄の鬼。

どんな無理な設定でも、絶対面白くしてくれる。

と話されており、宮藤官九郎さんは長瀬智也さんに絶大な信頼をしていることが分かりますね。

ドラマ『俺の家の話』の原作は磯山昌プロデューサーが提案?

長瀬くんと次やるなら、プロレスラーが親の介護をするホームドラマがいいです」という提案をしたのが、チーフプロデューサーの磯山晶さんだそうです。

磯山昌さんといえば、過去に「池袋ウエストゲートパーク」でプロデューサーをされていました。

ということは、磯山さんの頭の中ではずいぶん前からドラマの構想があったのかもしれませんね。

磯山 晶(いそやま あき、女性、1967年10月7日 – )は、日本のテレビプロデューサー、映画プロデューサー、元漫画家。TBSテレビ編成局編成部ドラマ担当部長。東京都出身。上智大学文学部新聞学科卒業。

小泉 すみれ(こいずみ すみれ)のペンネームで漫画家として活動したことがある。

年齢 53歳
生年月日 1967年10月7日
出身 東京都
活動 1996年~
配偶者

引用:wiki pedia

ドラマ『俺の家の話』磯山昌さんの公式コメント

宮藤官九郎さんと長瀬智也さんとドラマを作ることは、とてもワクワクして、とても刺激があって、それでいてホーム感があふれる私のライフワークです。またその作業に入れることがうれしくてたまりません。このドラマは、長瀬くんと長期にわたって相談してきた企画であり、彼本人の思いもたくさん詰まっています。宮藤くんとは、とにかく「現時点での長瀬智也の最高傑作を作ろう!」とずっと話し合って来ました。前代未聞の設定ですが、「家族っていいな」と思える王道のホームドラマを目指しております。是非、期待してください。

引用:俺の家の話

スポンサーリンク

長瀬智也・宮藤官九郎・磯山昌がタッグを組んだ過去の作品

  • 池袋ウエストゲートパーク(2000年・2003年)
  • タイガー&ドラゴン(2005年)
  • うぬぼれ刑事(2010年)

過去にタッグを組んだ作品はどれも大ヒット作品であることから、今回の『俺の家の話』に対する期待感はかなり高そうですね。

俺の家の話はコメディドラマ?原作の内容は?

宮藤官九郎さんのオリジナル脚本ということなので、コメディ要素はところどころに入ってそう。

宮藤官九郎さんの作品は良い意味で「同じ雰囲気」を感じ取れるので、思わず期待してしまいますよね。

「IWGP」「タイガー&ドラゴン」「うぬぼれ刑事」と、宮藤官九郎&長瀬智也作品に必ず参加している演出家の金子文紀さんが今回も起用されています。

ということは宮藤官九郎さんと長瀬智也さんのタッグ作品は、スタッフの磯山昌さんと金子文紀さんもセットだということが分かりますね!

スポンサーリンク

ドラマ『俺の家の話』の原作は漫画でコメディ!?まとめ

いかがだったでしょうか!

ドラマ『俺の家の話』の原作は宮藤官九郎さんのオリジナル脚本で、アイデアを出したのがプロデューサーの磯山昌さんということが分かりましたね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ドラマ「俺の家の話」にシバターが出演!?プロレスラー役として長瀬と対決あり? 2021年1月にスタートするTBS22時ドラマ「俺の家の話」。 現段階で発表されている出演者(キャスト)の他に、昨年RIZ...