お月見

【2020年】お月見の飾り(ススキ)はいつからいつまで?

秋の行事といえば『お月見』。

でも意外と忘れられがちな秋の行事でもありますよね。

そこで今回、2020年はお月見を楽しんでみたいという方に向けて、お月見の飾りはいつからいつまでなのかについて解説したいと思います!

2020年のお月見はいつからいつまで?

お月見っていつからいつまでのことで、飾りやお供え物はいつまで出してていいのか気になりますよね。

まずは一般的なお月見のおとを指す『十五夜』について見ていきましょう。

一般的なお月見である『十五夜』はたった1日で終わり!

2020年のお月見(十五夜)は10月1日(木)

なので十五夜はいつからいつまでとなると、「十五夜の日の夜のみ」ってことになりますね!

ちなみに十五夜とは旧暦8月15日の月のことをいうことから、毎年十五夜の日にちが変動します。

十五夜の意味を分かりやすく簡単に解説

お月見でいわれている「十五夜」とはなんのことかご存知ですか?

盗んだバイクで走り出す夜のことではなく、1年間で1番美しいとされている「中秋の名月(十五夜と同じ意味)」を愛でて、その年の収穫をお祝いする収穫祭のことを指します。

平安時代の貴族たちが中国の文化を取り入れたことから、その文化が庶民へと広がっていき、秋の収穫物をお供えして感謝をするようになったとされています。

江戸時代では十五夜の夜に芋煮を食べてから、夜遊びをするのが流行っていたようです。

海外文化を取り入れて日本独自の文化にしていくのは、今も昔も変わらないですね^^

なのであまり形にこだわらずに、新しいアイデアでお月見を楽しむといいかもしれませんね!

十五夜を逃してしまっても十三夜と十日夜でお月見ができる!

十五夜の日を逃してしまっても、お月見にはその年に収穫された作物でお祝いを行う風習が他にもあります。

十五夜と言えば芋類の収穫を祝う日ですが、栗や豆の収穫をお祝いする『十三夜』、作物を育ててくれる田んぼに感謝をする『十日夜』というものがあります。

2020年の十三夜はいつ?

2020年の十三夜は10月29日(木)

十三夜は旧暦9月13日を指し、十五夜と同じく毎年日にちが変動します。

2020年の十日夜はいつ?

2020年の十日夜は11月24日(火)

十日夜は旧暦10月10日を指し、十五夜・十三夜と同じく毎年日にちが変動します。

2020年のお月見(十五夜・十三夜・十日夜)を満喫する!飾りを片付けなくても大丈夫?

お月見の飾りというと、一番大事な物は『すすき』ですよね。

なぜすすきを用意するのかというと、秋の七草のひとつであるすすきを用意して、収穫に対する感謝をするという意味合いがあります。

秋の七草の種類

秋の七草は主に鑑賞目的で楽しむために用いられます。

  • 萩(はぎ)
  • 薄(すすき)
  • 桔梗(ききょう)
  • 撫子(なでしこ)
  • 葛(くず)
  • 藤袴(ふじばかま)
  • 女郎花(おみなえし)

あまり馴染みのない名前が多いですよね…。

お月見で準備する飾りといえば、すすきの他に、三方か皿に白い紙を敷いてお月見に合わせた数のお餅を準備します。

これをするとお月見感がグッと高まりますよ♪

自然のすすきはどれくらいもつ?

自然のすすきは、もって3日で傷んでしまいます。

なので自然のすすきにこだわりたい方は、十五夜・十三夜・十日夜とその都度準備するようにしましょう。

そして準備する日はお月見の前日がベスト。

すすきはアマゾンや楽天などの通販で購入することができます。

すすきの種類

タカノハススキ 葉の部分に黄色模様があり、明るい印象のススキ
イトススキ 通常のススキよりも葉が細く、まとまりの良いススキ
シマススキ 葉の部分に白色模様があるススキ
クライン・シルバースパイン 品種改良されたオランダ産のススキで、シルバーの穂が印象的
パンパスグラス 厳密にいうとススキではありませんが西洋ススキとも呼ばれており、ボリューム感があってゴージャスな感じが魅力的

 

造花やドライフラワーのすすきは十日夜まで出しっぱなしにできる!?

造花やドライフラワーだと自然のすすきのような痛み方はしないので、十日夜の11月24日まで出しておいても大丈夫です。

ただ外にずっと出しておくとだんだん傷んでくるので、お月見の日以外は室内で保管しておく方が良いでしょう。

【2020年】お月見の飾り(ススキ)はいつからいつまで? まとめ

いかがだったでしょうか!

2020年からお月見を楽しみたいという方に向けて、お月見の飾りつけはいつからいつまでしたらいいのかについてまとめました。

飾りの準備が分かれば、あとは食べ物。

十五夜の時はお餅や芋類、十三夜は栗や豆類、十日夜は特にないので好きな物を食べると良いでしょう。

お酒も準備してゆったりと月を眺めながら楽しむと最高かも♪