炊飯器

炊飯器の寿命について!買い替え時期やメンテナンス方法も解説!

スポンサーリンク

10月は新米の季節。

せっかく美味しい新米を食べるなら、美味しくお米が炊ける炊飯器が良いですよね♪

「今使ってる炊飯器がまだ使えそうだし…」って方でも、実は炊飯器の寿命が来ているかもしれません!

そこで炊飯器の寿命や買い替え時期炊飯器のメンテナンス方法について解説していきたいと思います。

もっと早く知っておけば良かった情報満載なので、最後までしっかりとご覧くださいね♪

炊飯器の寿命は何年くらい?その炊飯器、実は寿命が来ているかも!?

炊飯器は電化製品なので使用年数の経過によって、電気的なトラブルが起きて故障する場合があります。

なので電気トラブルでお米が急に炊けなくなるってことになると、かなり困りますよね。

炊飯器の寿命は3年くらい!?

炊飯器の寿命は平均して3年から10年と言われています。

3年は正直早すぎですよね…。

しかし、ある部分を買い替えることで、炊飯器の寿命を延ばすことができるんです!

炊飯器は内釜を新しくすることで寿命を延ばせる

炊飯器の重要な部分といえば、お米を焚き上げる時に熱せられる部分「内釜」です。

この内釜が3年から5年ほどでダメになってしまいます。

なので内釜に以下のような症状がでたら買い替え時期と判断しましょう。

内釜の寿命の見分け方や買い替え時期は?

炊飯器の内釜には、フライパンでおなじみの「フッ素コーティング加工」がされています。

なので使用回数に応じてコーティングが剥がれてくることから、

  • コーティングがお米に混入する
  • 内釜にご飯がこびりつきやすくなる
  • 焦げ付きやすくなってくる
  • 温度センサーの反応が悪くなりお米がうまく炊けなくなる

といった症状が出てきます。

フッ素コーティングが人体に与える影響については、各メーカーが「無害」と発表していますが、お米に剥がれたコーティングが付いてるとなんか嫌な気持ちになりますよね。

なので上記で挙げた症状が出始めたら、内釜の寿命なので『買い替え時期』となります。

各メーカーが発表しているフッ素コーティングの人体への影響

人体への影響(害)はなく、炊飯・保温をするうえで問題なくご使用いただけます。

引用:ZOJIRUSHI

 

フッ素樹脂は万が一口の中に入っても吸収せず排出されますので、
体には害はありません。ご安心ください。

引用:TIGER

 

がれたものをご飯と一緒に食べてしまわれても、人体には吸収されずに排出されます。
体内に残ることはありません。ご安心ください。

引用:Panasonic

炊飯器の買い替え時期の目安は?

内釜を買い替えることで炊飯器の寿命を延ばすことができますが、その他に内蓋やパッキンも傷んできます。

この内蓋やパッキンも内釜と同様3年ほどで寿命がやってくることから、買い替え時期の目安はパーツの交換時期に設定しておくといいです。

美味しいご飯を食べる為の炊飯器を買い替える目安・タイミング

内釜・内蓋・パッキンなどの部分を交換すれば炊飯器自体の寿命を延ばすことが可能ですが、本体部分の寿命は7年から10年とされています。

なので購入から7年目で炊飯器が壊れることを想定して考えると、6年から7年目で炊飯器を買い替えるのがベストかも。

そういったことから、新しく炊飯器を購入してから正しいメンテナンスを行って使用し、3~4年目で内釜・内蓋・パッキンを交換するといいでしょう。

その他の炊飯器を買い替えるサイン

  • いつも通りの手順と水の分量でお米を炊いたにも関わらず、炊き上がりに変化があったり、味に変化を感じた場合
  • 炊きたてのお米のニオイに変化を感じた場合
  • 内釜・内蓋・パッキンを交換するより新しく炊飯器を買った方がおトクと感じた場合
スポンサーリンク

炊飯器の寿命を延ばすメンテナンス方法について

炊飯器の寿命は使い方や日頃のメンテナンス次第で変わってきます。

炊飯器を使用する上での注意点

長時間の保温はしない

内釜コーティングは熱によって劣化するといえるので、保温の使用をできるだけ少なくすることが内釜を長持ちさせる秘訣です。

なので炊いたお米が余った場合は、別の物に移し替えるか冷凍保存するようにしましょう。

炊飯器を使ったら毎回お手入れをする

炊飯器を使用したら内釜・内蓋・パッキンなど、取り外して洗える部分は必ず掃除しておきましょう。

これをしなければ汚れがこびりついたりパッキンを劣化させたりし、雑菌の繁殖やカビを発生させる原因に

なので使用後のお手入れは必須です。

内釜・内蓋・パッキンのメンテナンス方法は?

まず内釜を長持ちさせるためには、お米を内釜を使って研がないようにすることです。

そして内釜のお手入れは、水で内釜を流しながら柔らかいスポンジでやさしく洗うようにすると良いです。

洗剤を使用した場合はしっかりと洗い流すようにしましょう。

内蓋・パッキンも同様の手順であらい、隅々までしっかりと洗っておきます。

炊飯器本体も定期的に掃除しておく

炊飯器本体も内釜を取り外した部分やフタ周りが汚れてくるのと、炊飯器本体にホコリや汚れが付いてくるので、定期的に掃除しておきましょう。

特に炊飯中に蒸気が噴き出す部分は汚れが溜まりやすいので、キレイに掃除しておく必要があります。

スポンサーリンク

炊飯器の寿命について!買い替え時期やメンテナンス方法も解説! まとめ

炊飯器は毎日使うものなので、日頃から正しいメンテナンスをしておくことが大切です。

そうすれば炊飯器の寿命も延びるので、できるだけ心掛けるようにしましょう!

そしてメンテナンスも重要ですが、炊飯器を買い替える時はメンテナンスのしやすさも購入ポイントに付け加えておくといいですね。