テレビドラマ

『どうする家康』の原作あらすじは漫画か小説?気になる大河ドラマ内容とは

2023年に放送されることが決定している大河ドラマ『どうする家康』。

タイトルから驚きなのですが、主演が嵐の松本潤さんに決定し、多くの方が驚かれ話題となっていますね。

そこで今回『どうする家康』は、漫画や小説の原作があるのか、そしてドラマ内容はどんな感じになるのかについてまとめました!

大河ドラマ『どうする家康』の原作は小説?それとも漫画?

昨年のおおみそかで活動休止した「嵐」の松本潤さんが徳川家康役として主演を演じることが決定。

その発表が嵐ファンのみならず大きな反響を生みSNSでトレンド入り。

大河ドラマに初出演とのことなので、今後はさらに役者として道を進んでいくのでしょうかね!

『どうする家康』の原作はある?

タイトルが漫画や小説を連想させますが、このドラマはオリジナル作品です。

これまで数々の人気ドラマ・映画の脚本を手掛けた古沢良太さんが、『どうする家康』の脚本と原案を担当しています。

古沢良太が脚本担当の人気映画・ドラマ
  • ALWAYS 三丁目の夕日
  • 相棒シリーズ
  • 外事警察
  • リーガル・ハイ
  • コンフィデンスマンJP

これはどなんな内容のドラマになるのか期待大ですね!

スポンサーリンク

『どうする家康』のあらすじは過去の家康作品とどう違う?

NHKの大河ドラマでは徳川家康を題材とした作品が過去にもありましたね。

なので過去の作品との違いを出す為に、この『どうする家康』では大胆な脚色が施されている可能性も!?

どうする家康のあらすじとドラマで出てくる歴史の場所

貧しき小国・三河にある岡崎城主・松平広忠の子として生まれた少年・竹千代(のちの家康)は戦乱で父を失い、母とも離れ、孤独な毎日を過ごしていた。

あるとき、今川家へ人質として送られる途中、織田家に強奪され、連れ去られる。

明日の運命すら分からない中、青年・織田信長と劇的な出会いを果たし、自らの力で世の中を変えられると教えられる。

さらに父に仕えていた旧臣たちと再会、彼らに松平家(のちの徳川家)再興の思いがくすぶっていることを知る。

そして“桶狭間の合戦”による今川家の混乱の中、家康は家臣たちともに、三河の城を取り戻すことに成功する。

だが、それは苦労とピンチの始まりでもあった。領民の一向一揆に悩まされ、さらに戦国最強の武将・武田信玄の脅威にさらされ、“三方ヶ原の戦い”では徳川軍は全滅寸前に追い込まれる。

さらに武田は侵略の手を緩めず、家臣団や家族との関係をも切り崩そうとする。自らの弱さに歯がゆさを感じつつも、敗戦をバネにして、家康は個性派ぞろいの家臣たちとの絆を深め、一体感あふれるチーム徳川をつくりあげていく。

しかし、“本能寺の変”で目標でもあった信長を失い、絶体絶命の窮地に追い込まれる家康。人心掌握に長けた戦乱の申し子・豊臣秀吉、精緻な頭脳を持つ天才・石田三成が立ちふさがり、真田昌幸たち周辺の大名たちが足元を揺さぶる。

果たして戦乱の世は、終わりを告げるのか?

この国に未来はあるのか?

どうする家康!

引用:NHK

「どうする家康」のストーリーは?過去作品との違いを考察

ドラマの内容は、

戦国の世に生まれ、多くのピンチにも逃げずに答えを出し続けて乱世を終わらせた家康を、現代に通じるリーダーとして描いていくドラマ

ということから、実際の徳川家康の話に脚色した内容かもしれませんね。

松本潤さんのコメントでは、

家康を圧倒的なカリスマという描き方ではなく、家臣たちと同じ目線でどうするかというのを一緒に作り上げていくドラマになると、よりたくさんの方に共感していただけるのでは

とおっしゃられていました。

徳川家康が、リーダーとして家臣たちと同じ目線で問題解決していく。

それが現代社会にも通じる内容だということなので、大人気ドラマの半沢直樹のように視聴者をドキドキさせるような『チーム徳川家康』といった感じなのかもしれません。

しかも、

「松本 潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」

ということから松本潤さんが家康として抜擢されたそうなので、これは面白そうですね。

そして「敗者復活」という点から「倍返しだ」に匹敵する名言が生まれるかも!?

松本潤主演『どうする家康』に対するSNSの声

スポンサーリンク

『どうする家康』の原作あらすじは漫画か小説?気になる大河ドラマ内容とは まとめ

いかがだったでしょうか!?

現段階ではドラマの内容がハッキリとは掴めていませんが、キャスト次第でどんなドラマになるのかが想像できるかもしれませんね。

詳細が分かり次第更新していきたいと思います!