映画

映画『牛首村』の実在する心霊スポットの場所はどこでロケ地は?

スポンサーリンク

木村拓哉さん娘さんであるモデルのKoki,(Kōki)さんが女優デビューとして初主演を務める映画『牛首村』が話題となっていますね。

この映画は「犬鳴村」と「樹海村」に続く清水崇監督の「恐怖の村」シリーズ第3弾ということで、またしても日本列島を凍り付かせる実話に基づいたジャパンホラーとなっているようです。

そこで今回、Koki,(Kōki)さんのデビュー作で初主演の『牛首村』について、映画の元となる地域や恐怖の話についてみていきましょう!

映画『牛首村』の場所は富山県・石川県・東北地方!?

公開された「牛首村」のイメージビジュアルのひとつに富山県高岡市の雨晴海岸が使われていますが、この地域に牛首村に関する情報はありませんでした。

石川県に牛首村が存在していた!?

石川県白山市白峰には、明治初期まで実際に『牛首村』と呼ばれる集落が存在していたのですが、調査したところ都市伝説とは無関係だと思われます。

ネーミングの由来についてはこの地域の伝統の織物「牛首紬」から付けられた村名のようです。

ちなみに現在は白山市となっています。

牛首村は心霊スポットとして有名な牛首トンネルとの関係性アリ!?

心霊スポットとして有名な富山県と石川県の県境にある「牛首トンネル」。

  • フロントガラスに大量の手形がつく
  • 老婆の幽霊が車に乗りこんでくる
  • お地蔵さんが血の涙を流している

といった心霊現象があるとされており有名ですよね。

映画「牛首村」のイメージビジュアルは3パターンあるのですが、地蔵を使ったイメージビジュアルもあることから石川県を強く匂わせている感がありますね…。

牛首村の舞台は東北説が濃厚!?

東北地方では豊作をもたらすとして牛を神格化している(もしくはしていた)地域があったようです。

そして映画「牛首村」の舞台となった場所は

青森県と岩手県の県境付近にある川を隔てて隣り合う二つの村

という説があるのです。

その場所について調査したところ、

  • 青森県と岩手県の県境で川が流れている場所は馬淵川付近
  • 場所は岩手県二戸市と青森県三戸郡に位置する
  • 岩手県二戸市の馬淵川付近にあった村は斗米村・金田一村
  • 青森県三戸郡の馬淵川付近にあった村は留崎村・名久井村

ということが分かりました。

ということで、このあたりの都市伝説についてみていきましょう!

映画「牛首村」のあらすじやエピソードとは?

牛首村にまつわるエピソードについて調査したところ2つの伝説があるようです。

映画「牛首村」がどのようなストーリーになるかは分かりませんが、もしかするとその伝説に沿った内容になるかも。

牛首村の伝説は天保の大飢饉にまつわる伝説だった?

牛首村にまつわる伝説が発覚したのは明治初期にさかのぼります。

廃藩置県に伴う全国調査で東北地方にある廃村を調査した役人が、ひとつの大木の根本に大量の人骨と牛の頭らしき骨が埋められているのを発見。

その異様な光景に不審に感じた役人は、特記事項として調査台帳に人骨の数を記入すると、
まるで逃げるようにその村を出ていったようです…。

そして後日、役所に保管されていた村民台帳に記載されていた村人の数と、大木の根本に埋められていた人骨の数が一致。

怖すぎますね…。

なぜ村人が全員いなくなったのか

天保の大飢饉」と知られる天保4年のある日、廃村となったこの村に牛の首をかぶった「異形の者」がふらふらと迷い込んできたようです。

天保の大飢饉」は江戸時代後期、天保4年(1833年)から天保10年(1839年)まで続いた大飢饉。

親子兄弟関係なく人々が食物を奪い合い、ときには餓死者の死肉をも取り合うことがあったとされています。

そして村人がこの「異形の者」を取り押さえようとするも、隣村の連中が「牛追い祭りだ。手を出すな」と突然現れて連れ去っていったとされています。

大飢饉によって食料を失った隣村の連中が、廃村となった村人に順番に牛の首をかぶせて狩っていたのかもしれません。

実際に大飢饉の真っ只中では人肉を取り合っていたともいわれています。

そして牛追いの狩りをしていたとされる隣村はかつて「牛首村」と呼ばれていたと村民台帳に記載されていたようです。

村を襲った「牛首のバケモノ」という説もアリ

青森県と岩手県の県境付近に森と川をはさんで隣り合う2つの村がありました。

その2つの村はたびたび争いを起こすような犬猿の仲だったそうです。

そんなある日、首のない一頭の牛の死体が川に無造作に投げ捨てられているのが発見されます。

その日以降も村のあちこちで首なし牛の死体が発見されたのです。

その一方でもう一つの村では4人の女性が行方不明となっていました。

両村は互いの仕業であると勘ぐりし、武器を引っ張り出してきて衝突する事態に発展するのですが、そこに突然「牛のバケモノ」が現れたのです。

あまりの恐怖にお互いの村人は一目散に逃げ去りました。

そして後日「牛のバケモノ」を捕らえるべく大規模な山狩りを決行。

ほどなく山小屋に身を潜めていた牛のバケモノを発見したのですが、そこには行方不明になっていた4人の女性も発見されます。

なんと4人の女性の頭部は切断されて牛の頭部と替えられていたようです…。

そして「牛のバケモノ」の正体は、牛首の生皮を被った村長の息子だったとされています。

スポンサーリンク

映画『牛首村』の実在する心霊スポットの場所はどこでロケ地は?まとめ

いかがだったでしょうか!?

映画「牛首村」について監督が語ったのは「実在する地を拠点にしつつ、あえて実態不明の怪談『牛の首』に焦点を当てる」とのことです。

つまり舞台は石川県、内容は東北地方にまつわる伝説になるかもしれません!

実際どのようになるのかは現時点では不明ですが、分かり次第更新したいと思います。

最後までご覧いただきましてありがとうございました♪

スポンサーリンク